route474_title.png
route474_btn_02.png route474_btn_03.png route474_btn_04.png

三遠南信自動車道の新着記事一覧

カテゴリー別記事




三遠南信自動車道とは


国道474号三遠南信自動車道は、長野県飯田市から静岡県浜松市に至る延長約100kmの高規格幹線道路です。本事業は、新東名高速道路と中央自動車道をつなぎ、広域ネットワークを構築するとともに、災害に強い道路機能の確保、救急医療活動の支援、 地域活性化の支援を目的として計画された道路です。

sanen_map.png

三遠南信地域は古くから人や物が往き交い、天竜川、豊川の恵みを得て文化と歴史を創ってきました。
かつてこの地域では、街道、天竜川の通船、そして鉄道へと交通手段が移り変わりつつも、地域間の交流は広く行われていました。
しかし、モータリゼーションの後に周辺地域と比べて自動車交通の進展に取り残されてしまった長野・愛知・静岡県境地域は、現在過疎化が進み、切実な問題を抱えています。
今日、失われたこの地域の交通流を取り戻すことで県域を超えた広いネットワークが形成され、今後地域の活性化に大きな役割を果たすものと期待されています。
そのためにも、秋葉街道や天竜川の代わりとなる「三遠南信自動車道」の整備が切望されています。
(飯田国道事務所パンフレットより抜粋)

三遠南信ロードマップ2017.pdf(11MB)


飯喬(いいだか)道路の概要



飯喬道路は、三遠南信自動車道の起点である飯田市山本の中央自動車道から同市上久堅の「飯田上久堅・喬木富田IC」を経て、喬木村の「喬木IC」に至る延長22.1kmの自動車専用道路です。
飯喬道路は、既存の中央自動車道と有機的に結びついた高規格幹線道路の効率的ネットワークの形成、高速サービス圏域の拡大に資する区間であるとともに、飯伊地域の中心都市飯田市に集中する交通の分散を図る観点からも、一般国道151号、153号、256号をハシゴ状に結ぶ環状道路としての整備が必要な区間です。
(飯田国道事務所パンフレットより抜粋)

飯喬道路.png




お問い合わせ

高速交通対策課
電話:0265-33-5140