みんなで広げようシトラスリボンプロジェクト

2020年12月23日

シトラスリボンプロジェクトとは 

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

喬木村の取組について

 

喬木村もシトラスリボンプロジェクトに賛同し取り組みを行っていきます。

喬木村人権擁護委員、社会福祉協議会ボランティアセンターで呼びかけたボランティアさんを中心にシトラスリボンづくりが行われています。

みんなで作った「シトラスリボン」はこの活動を知っていただけるためのツールとして、村内各地で広めてまいります。

        

お問い合わせ

福祉係
電話:0265-33-5123