給与支払報告書について

2017年12月21日

 喬木村では、長野県および県内すべての市町村と足並みを揃え、個人住民税(村民税・県民税)の特別徴収を徹底するため、平成30年度から、原則としてすべての給与支払者を特別徴収義務者に指定する取り組みを進めています。

 退職者など普通徴収となる場合は、給与支払報告書の総括表と合わせて「普通徴収切替理由書」の提出と、給与支払報告書の摘要欄へ該当理由(普A~普F)の記載が必要になりますので、ご注意ください。

 普通徴収切替理由書の様式.pdf(216KB)

※普通徴収切替理由に該当する方を除き、すべての従業員が特別徴収の対象となります。

 今年度から、特別徴収の仕切り紙は不要になりました。住民税を普通徴収(給与から天引きせず,個人で納付)する対象者がいる場合,「普通徴収切替理由書」に該当する理由の人数を記入し、仕切り紙として該当する個人別明細書を区分してください。

・普通徴収切替理由書の提出がない場合,原則として特別徴収と取り扱いますので,ご了承ください。

 

提出期限

 平成30年1月31日(水曜日)

お問い合わせ

税務係
電話:0265-33-5121