生活保護

2016年5月2日

資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度です。
保護はその内容によって7種類の扶助に分かれています。

 

1 生活扶助
2 住宅扶助

3 教育扶助
4 医療扶助
5 出産扶助
6 生業扶助
7 葬祭扶助

 

相談・申請に必要な書類

 生活保護の申請にあたって、必要な書類は特別ありませんが、生活保護制度の仕組みなど十分な説明を行うため、役場福祉係窓口での事前の相談をさせていただきます。なお、実際の生活保護申請受付は県福祉事務所で行います。
 世帯の収入・資産等の状況がわかる資料(通帳の写しや給与明細等)の提出や調査をさせていただきます。

 

お問い合わせ

福祉係
電話:0265-33-5123