国民健康保険 特定健診について

2016年5月2日

特定健診とは

平成20年4月から、医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、共済組合など)が実施する特定健康診査(特定健診)が義務となりました。この特定健診は、自覚症状のない高血圧、糖尿病、脂質異常等の生活習慣病の原因と言われるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して実施する健診です。これらの状態は、早期に発見し生活改善・適切な治療をしていくことで、血管が傷むことで起こる脳卒中・心臓病・腎臓病(透析)を予防し、その重症化や障害を予防していくことができます。

 

対象者

 国民健康保険に加入している40歳~74歳までの方

 

受診方法

 集団健診(従来のヘルススクリーニング)と個人が指定の医療機関を受診する個別健診(人間ドックを含む)の2種類の方法から選択して受診できます。

 特定健診の申込者に受診券と通知を個人宛に送付します。

※喬木村国保に4月2日以降に加入された方(平成30年度40~74歳になる方)はお問い合わせください。

 

健診内容

集団健診:基本的な健診項目に加え、喬木村独自の健診項目(28項目)を実施しています。オプション検査として、心電図検査(H28年度より60歳以上の方は全員検査)、眼底検査、前立腺がん(PSA)血液検査(50歳以上男性)、B.C型肝炎血液検査(40歳の方)をご希望で同時に受けることができます。

個別健診:基本的な健診項目に加え、喬木村独自の健診項目(3項目)を実施しています。

医師の判断により、心電図検査・眼底検査・貧血検査が追加実施となります。
※個別健診を人間ドックで受ける場合は、他の血液検査・がん検診等も合わせて受けることができます。
→詳細はこちら 健診内容について

 

平成30年度集団健診(ヘルススクリーニング)

平成30年度の集団健診は、9月3日~6日、9月18日~19日に実施します。

詳細はこちら ヘルススクリーニング

 

 

個別健診

個人が都合の良い時に指定の医療機関を予約して受診します。

詳細はこちら 個別健診について

 

集団健診を受診できなかった方は、個別健診を受診していただくようお願いします。

 

職場やドック等の健診結果、病院の結果をお持ちの方へ

 上記の方は健診健診結果を提出いただくと、特定健診を実施したとみなすことができますので、提出をお願いします。

 

※次のような理由で健診を受けられない方は下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。

・長期出張、海外在住の方

・妊産婦の方

・長期入院、施設入所の方

 

お問い合わせ先

 保健福祉課健康推進係

 

お問い合わせ

健康推進係
電話:0265-33-5125