母子手帳発行と妊婦健診について

2020年4月2日
  • 母子手帳発行について

 ○妊娠届を提出していただいた妊婦さんに交付します。
 ○母子手帳は、妊婦さんとお子さんの健康を守るためにつくられています。妊娠がわかったら、なるべく早く妊娠届を提出するようにしましょう。
 ○妊娠届出書及び母子手帳交付申請書は下記からダウンロードできます。申請時に役場の用紙に記入していただいても結構です。
 ○産婦人科からの妊娠届出書をお持ちの方は、そちらもご提出ください。

 妊娠届出書及び母子手帳交付申請書.pdf(127KB)

  • 妊婦一般健康診査について

○妊娠届を提出していただいた妊婦さんに交付します。
○妊婦健康診査は、妊婦さんの健康状態や赤ちゃんの発育状態などを定期的に確認する大切な健診です。
○喬木村では、すべての妊婦さんが安心して安全に出産を迎えられるよう、母子手帳の交付とあわせ、14回の妊婦健康診査費用の一部を助成します。(医療機関によっては、追加の費用が必要な場合があります。)
○役場窓口にて受診票(基本健診14枚、追加検査5枚、超音波検査4枚)を交付します。
○妊婦健康診査を受けていただく際に、医療機関等の窓口にお出しください。  

 ※ 妊婦健診にかかった費用をすべて助成するものではありません。受診の際、医師が必要とする定期外の妊婦健診や検査、治療については自己負担になります。健診内容についてご不明な点は医師にご確認ください。

  ※ 受診票は、飯田下伊那管内の医療機関だけでなく、県内全域で使用することができます。

 

  • 妊婦歯科健診について

  ○妊娠届を提出していただいた妊婦さんに、母子手帳と一緒に歯科健診受診票を交付します。
  ○妊娠16週~27週頃の体調のいいときに歯科健診を受診しましょう。
喬木村妊婦歯科健診について.pdf(136KB) 


  • 県外で妊婦健診を受診する方へ

 里帰り等により県外で妊婦健診を受診する場合は、償還払いによって補助をします。出産後、領収書等の必要書類を添えて申請していただくことで、自己負担した費用の一部を返金(償還払い)します。

 【申請に必要なもの】

  □ 里帰り先産院での妊婦健診領収書等
  □ 母子手帳
  □ 未使用の妊婦健診受診票
  □ 補助金振込先の口座番号
  □ 印鑑
  ※ 里帰り先での妊婦健診では、領収書や診療明細書(検査項目が分かるもの)等できるだけ保管しておくようにしてください。

  • 転入・転出をされる方へ

 妊婦一般健康診査受診票は、受診日に住民登録のある市町村で発行されたものを利用していただくことになっています。

 ※ 喬木村へ転入される方は、新たに喬木村の受診票を交付しますので、転入手続き時にお申し出ください。
   転入前の市町村でお使いになっていた受診票の残りと母子手帳をお持ちください。
 ※ 喬木村から転出される方は、転入後の市町村へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

健康保険係
電話:0265-33-5125